X

In vitro安全性評価

規制当局への申請と上市に向けて、貴社の製品は無害で安全であると裏付けることは重要です。20年以上にわたりin vitro安全性試験を行ってきた実績のあるEnvigoでは、農薬製品に対するin vitro安全性評価の包括的サービスを提供しています。さらに、貴社プロジェクトのニーズに応じて、証拠の重み付け(WOE)研究、in silico評価、およびin vitro試験要件に関する専門家らによる化学物質登録サービスを専門とするグループを配置します。

すべてのタブを展開
  • In vitro皮膚炎(OECD 439)- EPISKINヒト皮膚モデル
  • In vitro皮膚腐食性(OECD 431) - EpiDerm™ヒト皮膚モデル
  • 眼刺激性(OECD 437) - 牛摘出角膜の混濁および透水試験(BCOP)
  • 光毒症(OECD 432) - 3T3 NRU
  • In vitro皮膚吸収(OECD 428)
  • 細胞毒性 - ニュートラルレッド取り込み、溶出、または寒天重層
  • In vitro内分泌かく乱物質のスクリーニング試験(EPAレベル I)
  • ペプチド結合性試験(DPAR) - 皮膚感作

Envigoでは、in vitro安全性試験の分野で20年以上の実績を持つ科学者たちが働いています。弊社の科学者たちは、in vitroの代替的試験とin vitro内分泌かく乱物質スクリーニングにおけるECVAMおよびICVAMの開発に携わってきました。弊社チームメンバーは世界的な実績を誇り、FRAME、ECVAM、ICVAMが進める国際的な開発試験にも参加しています。弊社専門家は、in vitro毒性学会(IVTS)およびin vitro試験産業プラットフォーム(IVTIP)のメンバーです。弊社チームは、Envigoの規制業務専任グループおよび化学物質登録の専門家の支援を受けています。

Avista&Envigoプレスリリース

[ジャーナル記事] (Q)SARとそのコンピュータモデリングの進歩について

[ジャーナル記事] 生態毒性における革新