X

陸生生物毒性

お客様の毒性試験の結果が信頼できるものであると確信が持てますか?経験豊かなEnvigoがパートナーなら、そのような心配は無用です。弊社には、25年以上にわたり様々な生態毒性試験を実施してきた豊富な実績があります。さらに、培養室や孵化場を備えた弊社の鳥類専用施設など、最先端の施設も活用していただけます。過去6年間だけでも、200件近くの鳥類研究を含む約1000件の陸生生物毒性試験を実施してきた弊社だからこそ、その生態毒性学における無類の知識と専門技術にお客様は納得していただけるはずです。

すべてのタブを展開
  • ミミズ
  • ハチ
  • 非標的植物
  • 益虫
  • 研究所、拡大研究所、疑似現場および現場
  • 鳥類の急性および亜急性経口毒性
  • 鳥類の繁殖
  • 土壌の窒素および炭素の変換
  • ごみ袋

弊社の陸生生物毒性部門専属チームは、鳥類研究や現地調査のスペシャリストをはじめ、あらゆる種類の生態毒性研究で幅広い経験を持つ科学者で構成されています。弊社の生態毒性グループは、その分野のエキスパートとして高く評価されており、世界各地の多くの会議に講演者として招かれています。

Avista&Envigoプレスリリース

[ジャーナル記事] (Q)SARとそのコンピュータモデリングの進歩について

[ジャーナル記事] 生態毒性における革新