X

大型動物・鳥類毒性

家畜や鳥類の個体数の整合性に懸念を抱いていませんか。弊社は、貴社のこのような懸念を理解しています。Envigoでは、動物や鳥類が安全でいられるよう、40年以上にわたって家畜の研究を実施してきてました。弊社と提携すれば、情熱を持って仕事に打ち込む素晴らしい科学者とともに働くことができると確信していただけます。弊社は、1400m²以上の広さに搾乳室が併設された家畜専用の施設や、1100m²を上回る面積に孵卵室や孵化場のある鳥類専用施設といった自社施設で研究を行っています。

すべてのタブを展開
  • 家畜の代謝作用と残留物の性質に関する研究
  • 家畜の給餌に関する研究(残留物移行の研究)
  • 鳥類の急性および亜急性経口毒性
  • 鳥類の繁殖

弊社の大型動物・鳥類毒性研究グループは、この分野を専門とし、類まれな経験を有する科学者および技術者で構成されています。さらに、放射化学および化学分析の専門家の支援を受け、共に協力して規制調査に取り組んでいます。

Avista&Envigoプレスリリース

[ジャーナル記事] (Q)SARとそのコンピュータモデリングの進歩について

[ジャーナル記事] 生態毒性における革新