X

生態毒性

水生毒性、鳥類毒性、または陸生毒性のいずれについても、最終的に目標となるのは製品の安全性を迅速かつ確実に見極めることです。  弊社は、生態毒性研究において製品に関する最も信頼できる情報を得るというお客様のニーズを理解し、環境に対する取り組みをお客様と共有します。  Envigoには、お客様のプロジェクトの可能性を確かなものにする、幅広い生態毒性研究に関する25年以上の経験があります。弊社のサービスをご利用になれば、お客様にもその成果を実感していただけることでしょう。弊社のパートナーであるお客様は、培養室や孵化場を備えた鳥類専用施設、高性能の水生毒性研究施設、32ft2の微小生態系と60以上の溝ユニットがある屋外施設など、最先端の施設を活用することができます。

生態毒性に関する弊社の知識と専門性は、過去6年間だけで200件近くの鳥類研究を含む1000件の陸生生物毒性試験を実施してきた実績に支えられています。

すべてのタブを展開
  • 水生毒性研究
  • 鳥類毒性
  • 生分解
  • 陸生生物毒性

弊社の生態毒性グループは、淡水および海洋生物に関する幅広い知識や、鳥類研究や現地調査のスペシャリストとしての経験など、あらゆる種類の生態毒性研究で幅広い経験を持つ科学者で構成されています。弊社のスタッフは、 生物濃縮およびユスリカの研究における放射化学分析テクノロジーの分野で実績のある分析化学者の専門家チームの支援を受けています。

Avista&Envigoプレスリリース

REACHに関する洞察を読む

[オンデマンド・ウェビナー] コア調査書類:REACHのメリットとは