X

吸入毒性

これまでにない研究を進めるには、経験豊富なだけでなく、お客様と積極的に協力して新しい最適なソリューションを見つけてくれるパートナーが必要となります。Envigoは、一般的な種と希少な種の両方を対象に、その多様な専門知識を活かして実験室種の吸入研究を実施し、お客様の目標達成を支援いたします。40年以上の経験を持つ弊社は、OECD、JMAFF、OPPTSの標準に基づくデザインに従ったあらゆる種類の研究において実績があります。その一部をご紹介します:

  • 急性毒性および二世代繁殖毒性の研究
  • 心臓毒性および麻酔作用の可能性評価
  • 特定のアプローチおよび1日最大24時間の投与による研究

お客様が直面している課題についてお知らせください。適切なソリューションを選定するお手伝いをいたします。

すべてのタブを展開
  • 検証済みソフトウェアによるリアルタイムのGC、IR、および化合物ごとのオンライン分析
  • UPLCおよびHPLC分析
  • 化合物ごとの分析
  • ラット
  • マウス
  • イヌ
  • ラビット
  • モルモット
  • ハムスター
  • ミニブタ
  • ピグミーゴート
  • ウシ

Envigoでは、500名を超える専門スタッフがお客様の研究を支えます。弊社の研究責任者は、平均で10年以上の経験を有しています。この部門では、25年以上の経験を持つ毒性専門のシニアコンサルタントの指導のもと、大規模な獣医のチームと100名を超える吸入および輸液技術のスペシャリストが対応しています。

Avista&Envigoプレスリリース

REACHに関する洞察を読む

[オンデマンド・ウェビナー] コア調査書類:REACHのメリットとは