X

弊社における動物の取り扱いについて

Envigoは、人々や動物の生活の向上、環境保護に貢献する製品開発や研究の可能性を最大限に高めるべく、お客様の支援に尽力するグローバル企業です。動物の研究利用は、健康や疾病における身体の状態について理解を深め、新薬や他の化合物を開発するために、いまだ不可欠なものです。

Envigoは、研究における動物の利用が避けられない場合や、法規制要件として義務付けられている場合、動物を責任を持って倫理的に適切に取り扱う必要があると考えています。動物研究は現在、以下の理由から義務付けられています。

  • 新薬のヒトや動物に対する安全性と有効性を証明するため
  • ヒトや動物、環境に対する化学物質の安全性を評価するため

実際には、新薬をヒトに用いて研究する前や、化合物を登録または承認申請をする際はほとんどの場合、政府機関によって動物研究が求められます。

Envigoでお客様のために動物研究を行う際には、「Replacement(代替)」、「Reduction(削減)」、「Refinement(改善)」の3Rの原則に基づき、社内の全レベルでそれらが配慮されるよう徹底しています。これはすなわち、可能な限り動物の代わりになるものを用いること、最小限の動物利用で研究を行うよう努力すること、実験の最中や前後の苦痛をできるだけ抑える方法を取るということです。

弊社が行う研究では、細胞培養やin vitroの手法、コンピュータモデリング、バイオインフォマティクス、ハイスループット・スクリーニング、ヒトに対する治験など、さまざまなアプローチや方法を用います。動物の使用は研究を行うために必要不可欠な場合のみに限り、実際に多くの国では、動物を用いなくても研究や試験が可能な場合には、動物を使用してはいけないと法律で定められています。また、弊社は動物の研究利用を減らすため、代わりとなる方法の開発に取り組んでいます。

Envigoは、繁殖させたり研究に用いたりする動物たちの福祉と取り扱いにおいて、弊社に倫理的責任があると考えています。人道的で思いやりのあるアプローチを導入し、動物をいたわる文化を積極的に育て、職業上最高レベルの水準を目指します。Envigoでは動物の取り扱いと福祉の水準を定め促進する、動物福祉ポリシーを全社で採用しています。

Avista&Envigoプレスリリース